大掃除・最終全ゼミ

8月2日(水)に研究室の大掃除と春学期最終全体ゼミが行われました.大掃除では,5班に分かれて,秋学期からも快適に研究ができるよう,普段使っている部屋を隈なく掃除しました.私は普段のカイゼンタイムなどではできないような,ネットワークリストの作成や無駄な配線の撤去などを行いました. 周りを見渡すと,皆丁寧に本の整理や窓拭き,除湿機・加湿器のフィルタの掃除などをしていて,見違えるように綺麗になっていました.こうして,研究室をより良くするために,それぞれ自分にできることや改善すべきことを必死に考えて取り組む姿を見て,皆の研究室に対する愛情を感じました.

全体ゼミでは谷口くんのmini-keytechから始まり,OHBMの学会参加報告,そしてドキドキの中,再編された新しい研究グループとコーチが発表されました. 今までの研究を引き続き深める人や,中には秋学期から研究内容や手法が大きく変化する人もいますが,より多くの結果を出せるように,今回の大掃除で快適になった研究室と新体制の研究グループでより一層研究に励んでいきたいと思います.


【文責:M2 玉城】

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オープンキャンパス


7月30日(日)に,同志社大学京田辺キャンパスにて,オープンキャンパスが開催されました.本研究室ではIN205Nにて研究室紹介を行った後,光トポグラフィ装置を用いて暗算課題時の脳血流変化を計測し,実際にその様子を見てもらいました.研究室紹介では,MISLの研究分野を具体的に,かつ分かりやすく説明することの難しさを痛感しました.しかし高校生から研究室や研究への質問が複数挙げられ,興味を持ってくれているのを感じ,非常に嬉しかったです.

     

光トポグラフィ装置を用いた実験では,暗算課題の難易度が高くなるにつれて脳血流量が上昇していく様子が分かり,興味深そうに見てくれているのが印象的でした.

オープンキャンパスでの研究室紹介を通して,知識を持っていない相手に分かりやすく,かつ興味を持ってもらえるように説明することはとても重要なことであると感じました.また,当日までに発表の内容や,実験の流れを確かめることを通して本番をスムーズに行うためにはかなり準備に時間を費やす必要があることが分かりました.そしてこれらのことは研究発表や,研究を進めていくうえでも非常に重要なことであると感じました.オープンキャンパスの参加を通して多くの事を学ぶことができ,自分にとってプラスの経験となりました.
【文責:B4 山野】

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

日本光脳機能イメージング学会 第20回学術集会

2017年7月15日(土)に東京都千代田区永田町の星陵会館にて日本光脳機能イメージング学会第20回学術集会が開催されました.本研究室からは廣安先生,M1の中村(清),西澤,池田が参加しました.各学生がポスター発表,約2分のフラッシュトークにて自身の研究成果を発表しました.発表題目は以下のとおりです.


    ◆「ワーキングメモリ課題時における賦活脳領域の検討 –fNIRSとfMRIの比較-」
      池田幸樹,日和悟,廣安知之

    ◆「持続的注意課題時におけるfNIRSを用いた脳状態の遷移の検討」
      西澤美結,日和悟,廣安知之

    ◆「自動車運転動画視聴時の脳活動のfNIRSによる検討」
      中村清志郎,日和悟,廣安知之



光脳機能イメージング学会は,まだ歴史の浅い光による脳機能計測法の基礎研究を深め,光脳機能イメージング法に関心の高い研究者間の情報交換の場と研究を促進するための機会を提供する場です.基礎研究や医療応用の研究など様々な発表があり,興味深かったです.ポスター発表では,3名ともたくさんの方にポスターを見に来ていただくことができました.また,fNIRSを知っている方が多いこともあり深い議論や研究のアドバイスをいただくことができました.いただいた意見やアドバイスを研究室で共有し,研究に反映させていきたいです.学会終了後は,OBの方と合流し楽しい時間を過ごすことができました.

【文責:M1 池田】

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

Research Complex事業 第4回人材育成フレームワークレクチャー

2017年7月13日(木)に同志社大学 学研都市キャンパス 快風館にてResearch Complex事業 第4回人材育成フレームワークレクチャーが開催されました.本研究室からはM2の石原 知憲が参加し,ポスター形式で発表しました.発表題目は以下の通りです.


    ◆「EEGを用いた運動想起型BCIにおける最適な電極配置と周波数帯域の検討」
      石原知憲,日和悟,廣安知之



けいはんなリサーチコンプレックス事業では,フレームワークレクチャーを通じ大学・研究機関の研究者が進める研究内容や,研究が目指す未来像などを交流する機会を設けています.第4回目となる本発表会では奈良工業高等専門学校 情報工学科の松村 准教授と,奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科の神原 准教授の講演を拝聴しました.京阪奈地域進められている他分野の研究や高校生が行っている研究を拝聴し,自分の研究を進める上でいい刺激となりました.
今回の発表会は私にとって5回目の国内での発表会ということもあり,緊張することもなく発表することができました.発表時間は短かったものの沢山の方に発表を聞きに来ていただき,自分の研究を聞いていただくことができました.また自分の研究を見直すいい機会にもなりました.また学会に参加できるように毎日の研究に励むと同時に,研究室全体が盛り上がるように日々精進していきたいと考えています.

 

【文責:M2 石原】

カテゴリー: 国内学会 | コメントをどうぞ

7月イブニングセミナー

7月12日(水)に株式会社ファインネットワールド代表取締役 赤木広紀さんと廣安先生によるイブニングセミナーが開催されました.講演は2部構成となっており,赤木さんにコーチングとは何かというお話と廣安先生とのインタビュー形式でコーチング実践をして頂きました.本研究室では学生自身でコーチングを行っており,昨年のイブニングセミナーやコーチングサークルにおいても赤木さんからコーチングの話をして頂きました.初めてコーチングの話を聴く4年生に,いつも行っているコーチングの意義が伝わったと思います.
一人の人間の中には二人の自分がいて,指示,命令するself1とその声に従うself2が存在します.コーチングとは,うまくいかない,どうしようといったようなself1の足を引っ張る声を減らし,相手の能力を引き出す行為だということを改めて学ぶことができました.その際に,相手がどんなことに興味,関心をもっているのだろうと思い,傾聴する姿勢が大事だそうです.
廣安先生とのインタビュー形式のコーチングは,特にテーマは決まっていたわけではなく,廣安先生の学生時代のお話や研究室に対しての想いなど,今まで聴いたことがないお話が引き出されてとても新鮮でした.その中でも,研究活動において自主性を重んじているというお話が印象に残りました.研究室に所属するまでは,正確に早く答えを求められることや,言われたことを忠実に行うことが良いとされてきたように感じます.そのため,研究活動を行った当初は答えがないことに悩んだものの,自主的に考え,成長できる機会の大切さに今回お話を聴いて気づくことができました.
今回のイブニングセミナーをきっかけに,コーチングへの取り組み方や研究活動への取り組み方を改めて見直す機会となりました.赤木さん,廣安先生ありがとうございました.


【文責:M2 片山】

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

同志社大学生命医科学研究科・博士課程(前期課程)入学試験

7月8日(土),9日(日)の二日間にわたり,同志社大学生命医科学研究科・博士課程(前期課程)の入学試験が行われました.

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

The 23rd Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping

2017年6月25日~29日にかけて,カナダのバンクーバーにて開催されましたThe 23rd Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mappingに参加いたしました.この学会は,神経イメージングの知識,経験を分かち合い,最新の研究と今後の展望についての情報交換,議論の場となることを目的に開催されています.M2の片山,石原,玉城,和田,吉武,M1の相本,藤井聖香,池田,三好,水野,石田翔也,中村圭佑の総勢15名が参加しました.26日に日和先生,片山(M2),藤井聖香(M1),中村圭佑(M1),27日に石原(M2),相本(M1),三好(M1),石田翔也(M1),28日に玉城(M2),水野(M1),29日に和田(M2),吉武(M2),萩原(M2),池田(M1)がポスターセッションで発表いたしました.発表題目は以下の通りです.

  • “Characterizing the meditative state based on functional connectivity and low-frequency fluctuation”
    S.HIWA; M.IZUKA; T.HIROYASU.
  • “Functional connectivity analysis during breath-counting meditation using multichannel fNIRS”
    T.KATAYAMA; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Frontal lobe activity during breath-counting meditation: fNIRS study”
    S.FUJII; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Brain region segmentation method using SLIC and Normalized Cut”
    K.NAKAMURA; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Optimizing electrode placement and frequency bands in EEG-based motor imagery BCIs”
    T.ISHAHARA; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Intra-individual variations in functional connectivity during resting and meditative states”
    T.AIMOTO; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Effects of breath-counting meditation on functional brain connectivity and salivary hormones”
    T.MIYOSHI; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Functional connectivity analysis of pleasant and unpleasant states using fMRI”
    S.ISHIDA; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Human state estimation from cerebral blood flow data using CNN and LSTM”
    T.TAMAKI; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Functional connectivity analysis of brain activity during cooperative behavior using fNIRS”
    M.MIZUNO; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Examination of the relationship between brain activity and eye movement during emotional stimulation”
    H.WADA; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Adaptive HRF analysis of fNIRS data”
    S.YOSHITAKE; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Classification of brain states using functional data obtained during a mental arithmetic task”
    R.HAGIWARA; S.HIWA; T.HIROYASU.
  • “Evaluation of a GLM analysis with adaptive hemodynamic response function on a visual stimulus task”
    S.IKEDA; S.HIWA; T.HIROYASU.



< !>
私にとっては2度目の国際学会であり,前回とは学会の規模,研究室からの参加数などが異なり,前回とは違った経験をすることができたと感じています.私はポスター発表が最終日であったため,前日までの研究室メンバーの発表姿をみることができ,それによりモチベーションをより上げることができました.発表では練習してきた説明できましたが,質問を聴き,その質問に答えることは難しく,とにかく黙ることなく質問を聴き返したり,自分が考えたことを話す努力をしてコミュニケーションを途切れずに心がけました.去年参加した国際学会より,多くの研究を知り,多くの方とお話しできたので良い体験ができました.前回の国際学会に比べて,ポスター発表を積極的に聴き質問することができた点が成長できたと感じています.しかし,自分の研究と関係する少しのキーワードに絞ってしかポスター発表を聴いていなかったので,多くの発表がある学会であったためより広範な研究に関して発表を聴けたらよかったと思いました. OHBMに参加することで,研究室の中では知る機会が少ない,ヒトの脳に関する研究の全体的な動向を知ることができたのがよかったと思っています.今回得た知識や不足していると感じている部分を踏まえ,更に研究に励んでいきたいと思います.


【文責:M2 萩原】

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

第68回月例発表会

6月17日(土)にIN223Nにて第68回月例発表会が開催されました.発表者は6月25日から開催されるOHBM2017に参加する学生13名と日和先生でした.
発表題目は以下の通りです.

    萩原里奈:Classification of brain states using functional data obtained during a mental arithmetic task

    石原知憲:Optimizing electrode placement and frequency bands in EEG based motor imagery BCIs

    片山朋香:Functional connectivity analysis during breath-counting meditation using multichannel fNIRS

    玉城貴也:【非公開】

    和田寛:Examination of the relationship between brain activity and eye movement during emotional stimulation

    吉武沙規:Adaptive HRF analysis of fNIRS data

    相本武瑠:Intra-individual variations in functional connectivity during resting and meditative states

    藤井聖香:Frontal lobe activity during breath-counting : fNIRS study

    池田幸樹:Evaluation of a GLM analysis with adaptive hemodynamic response function on a visual stimulus task

    石田翔也:【非公開】

    三好巧真:Effects of breath-counting meditation on functional brain connectivity and salivary hormones

今回はOHBM前ということで,ポスター発表の形式で英語を用いて発表しました.また,本番での発表のように興味のあるポスターを聞きに行ったりすることで,本番での空気感を少しでも感じられたのではないかと思います.この発表をすることで,指摘された箇所や自分で感じた部分などの訂正が必要な内容を知ることができました.また,研究内容の説明や質疑応答の参考とすることができました.一方で,発表未経験のB4や国際学会に行っていない人たちにとっても,発表の様子を知ることができる良い経験になったのではないかと思いました.この気持ちを切らさず,OHBMのポスター発表をより良いものとしていきたいと思っています.

【文責:M2 吉武】

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ

2017年度学内高校見学会

6月3日(土)に,同志社大学京田辺キャンパス医心館にて,学内高校見学会が行われました.10人に分かれた高校生1グループにつき15分,計3グループに研究室の紹介,光トポグラフィ装置を用いた実験を行いました.高校生の中から実験に参加してくれる人を募って実験を行いましたが,立候補してくれた高校生もおり,スムーズに実験を行うことができました.


また,実験では暗算課題を用いて脳活動をリアルタイムで見てもらうことで,問題が難しくなるにつれて脳活動が活発になる様子が分かり,高校生も興味を持ってくれたと思います.積極的に質問をしてくれた人もいて,この医療情報システム研究室について知ってもらえるいい機会になったと思います.このような機会で医情報学科や研究室について知ってもらうことで,少しでも興味を持ってもらい,将来について考えてもらえたらいいなと思います.
また,私自身もこの経験により,研究内容について知らない人にどうしたらわかりやすく説明できるかを学ぶことができました.これからの発表などにも活かしていきたいと思います.

  
【文責:B4 山本】

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

第67回月例発表会

2017年5月27日に第67回月例発表会(KeyTech)が開催されました.
4回生各々に与えられたテーマについて調べてきたことを発表しました.
発表の順番およびテーマは以下の通りです.

  1. 大塚 友樹 「生体計測ガジェットの最前線」
  2. 吉岡 昂馬 「自動運転の行方」
  3. 谷口  尚 「プロジェクト:Whole Brain」
  4. 奥村 康平 「プロジェクト:Space X」
  5. 田中 一直 「プロジェクト:HyperLoop」
  6. 山本 渉子 「働きを調べよう:大脳基底核」
  7. 清水 亮佑 「働きを調べよう:小脳」
  8. 山野  唯 「予防医学の今」
  9. 藤井 光央 「ユーザーエクスペリエンス(UX)の基本とその重要性」
  10. 吉田 早織 「観光情報」
  11. 杉野 梨緒 「脳機能研究におけるメタアナリシスの手法」
  12. 斎藤 美里 「量子コンピュータ」
  13. 宮前 裕之 「ゲーム産業における人工知能」
  14. 外山 貴樹 「EdTech サービス」
  15. 松本  誠 「ニューロモジュレーション」
  16. 曽根 誠矢 「スマートコントラクト」
  17. 山崎 航晴 「ぺロブスカイト太陽電池」
  18. 大澤 僚也 「Decoded Neurofeedback(DecNef)」
  19. 奥村 駿介 「IoT」
  20. 古家 知樹 「LPWA」


以上B4:20名による発表でした.

今話題となっている技術やプロジェクトを知る良い機会になりました.先輩や先生方だけでなく4回生からも質問が飛び交い,お互いに勉強になり,有意義な時間を過ごしたのではないかと思います.そして,いろいろな質問を受け,まだ理解が少し足りていないと感じ取った人も多いようでした.これで終わるのではなく,調べたテーマがこの先どのようになっていくのか,とても興味深いものばかりだったのでこれからも注目していきたいです.この発表会を通して,文献調査の難しさだけでなく,研究をしていく上で非常に大切な力でもある,1つのことを決まった時間で,人に分かりやすく伝えるということの難しさを改めて感じました.また,このような能力の向上だけでなく,研究や発表に対する,心構えを身につけ,意識の向上にもつながったように思います.

発表会後の打ち上げでは,発表会前の緊張した様子とは変わって,皆リラックスした様子で先輩や先生方と話をしていました.普段の研究室では見られないようなパーソナルな部分を垣間見ることもでき,大変盛り上がりました.

この発表会の経験をバネに4回生一同研究に邁進していきます.




【文責:B4 谷口】

カテゴリー: 月例, 発表会 | コメントをどうぞ